志満建設のこだわり

株式会社志満建設は、家族の“今”を見守り続ける「木の家」をつくります。
受け継がれた日本の手仕事で、ひとつひとつに魂を込め
お客様と向き合った、誠実な家づくりを心がけます。

志満建設は「手の感覚」を何よりも大切にしています

実際に訪れ触れて感じる事で、お客様によいプランをご提案致します。
家づくりを支える大工。現場経験で培われた職人の道具は、古来の知恵の詰まったものです。
ノミ・カンナ・鋸・さしがね等、弊社の大工は、寸・尺で寸法を確認します。
1尺(333,333mm)、1 寸(33,333mm) と、とても図りにくい寸法になります。
木材が生きている自然の素材なので、曲り反りは絶対にあります。
曲り反りに備え、大工の「腕と感」が必要になるのです。
目に見えないところに心意気を注入する弊社の大工がつくる家。
良い材料を使用しても活かす大工の技がなければ成立しません。
日本の美意識を伝える木の家を、おつくりいたします。

志満建設は「手の感覚」を何よりも大切にしています

太陽・空気・樹木─

太陽・空気・樹木─
自然と共存しながら暮らす家を

私たち志満建設は、お客様よりご依頼いただきましたら、まず現場にお伺いします。実際にその場の空気を読み、雲の流れを見極め、風を感じたりと五感を研ぎ澄まします。その上で、どのような設計が適しているのかを考えます。当社のロゴマーク「太陽・空気・樹木」に象徴されますよう、その場所の周辺環境に配慮し、自然と共存しながら暮らす事に重点をおいています。
日本には素晴らしい四季があります。日本の風景は15日ごとに変わるといわれており、日本の住まいは気候が変わる事が前提でつくられています。国土の70%が森林という環境、その自然の合間に暮らしているといっても過言ではありません。
周辺環境を把握した後、どの工法が適しているかを割り出し、設計にすすみます。お見積り提出ご確認いただいた後、お客様とのお話を重ね、ご納得していただいてから工事発注をいただいております。
お客様にとって最良住まいづくりになりますよう、お手伝いさせていただいております。

志満建設シンボルマークについて

代表取締役 八木孝生 Yagi Takao
一級建築士/一級土木施工管理士/宅地建物取引主任


家づくりは「十人十色」

家づくりは「十人十色」

この中から選んでください。という家は弊社にはありません。
過去施工した家に同じものは1つもありません。お客様の家づくりの想いや理想などを十分にお聞きしてカタチにすることー。それが私たちの使命です。
それぞれの家族構成、生活習慣、必要なものも「十人十色」ご家族だけの心地よいサイズの家づくりをしましょう。
芸術大学(日本画)出身の感性を活かし、伝統に基づいたご提案と、現代の息吹を吹き込む自由な発想で、家づくりのお手伝いを致します。

アドバイザー 八木亮人 Yagi Makoto


感性が響き合う建築家と大工のつくる家

お問合せ